Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

手作りのお葬式Funeral-art decorations urns 骨壷

Art-urns,Handmade-funeral Decorations,pet-urns手作りの葬式教室と骨壷・終活と生前葬

ロシア・キリスト大聖堂(プーチン氏も毎年来られるロシアで一番の大聖堂)に寄贈された森本由美の金箔にゆり模様の装飾箱と、故京都西陣徳扇氏の描いた絵画をロシア正教のトップキリル氏への贈呈の場面 故ユネスコ作家の徳扇氏は森本由美デザインの金箔ゆりの骨壷装飾カバーに今、遺灰が入っている。

一番上は読売新聞が取り上げた、ロシアに寄贈する前の森本由美の作品達と、故徳扇氏の遺作。

次がロシア正教会・救世主キリスト大聖堂から、森本由美への招待状。

おりしも、ソチ・オリンピックで盛り上がるロシアで、その前夜祭のように行われた世界平和との祈りと、日本とロシアとのさらなる発展を願った式典でした。私が下にお持ちしている金箔の箱がゆりの柄の装飾箱です。

最近でh、ロシア・モスクワの火葬化がすすみなんと、モスクワだけでは全体の約60%が火葬だそうです。

生涯学習で、終活、エンディングノート、生前葬などをお考えの方は、世界のお葬式をお勉強されてください。イギリスも火葬が約80%です。ニューヨークもマンハッタンは特に土地が少ない島なので、火葬が大変多くなってきています。

モスクワもそうですね。キリスト教の大本山ともいえる、救世主キリスト(ハリトリス)大聖堂・ロシア正教大司教さまである、キリルさま(ローマ法王のような方)に私の作品が寄贈をご招待されたことはまことに感激でした。